子育ての悩み

今日は、園だよりはばたき10月号より、園長だよりをご紹介します

 

 

子育ての悩み

 

 

 

子育ての悩み、

それは子どもが生まれてから尽きることはありません。

 

 

 

 

私は、長女を産んですぐ、母乳が出ないと悩みました。

夜も寝てくれず、寝たかと思えばすぐ起きる。

どうやったら眠るのか。

見かねた叔母が子どもがよく寝るお守りを作ってくれたものでした。

 

 

ちょっと太めだった次女は、寝返り、はいはい、歩く、全てが遅く、周りと比べ心配になり、歩く練習をしたりしたこともありました。

 

最後に生まれた男の子。

お姉ちゃん達もよく手伝ってくれ、さすがに3人目は悩みなく、すくすく育ったのですが、小さいママ(お姉ちゃん)がたくさんいたせいか、未だに甘えん坊です。

 

 

 

 

子ども達が小さいとき、3番目をおんぶひも、ベビーカーに次女を乗せ、長女をそのベビーカーに捕まらせてなんとか、のろのろ歩く疲れ切った私に、50代くらいの通りすがりの女性から、

「今が一番いい時よ。」

と声をかけられました。

 

「早く大きくなって!自分の時間がほしい!!」

何回も、何十回、いや毎日のようにそう願っていた私には、「一番いい時」の意味が全く分かりませんでした。

 

 

 

今、長女が、中学生になりました。

さすがに中学生になれば、何もかも自分の事は自分でできるようになります。

最近は、簡単な夕食くらいも準備できるほどです。

もちろん今は、「寝てくれない・歩かない」そんな悩みはありません。

 

 

今、振り返ると、その頃大変だったはずだけれど、思い出すのは、私に両手を広げて抱きついてくる我が子。

食事中にほっぺとおでこにケチャップをつけて笑う我が子の顔 。

お風呂でアワをつけてふざけて、お風呂場をシャボン玉いっぱいにした事。

そんなことばかり。

 

悩みは、いつの間にか、遠い記憶。

 

振り返れば、子どもが小さくて大変だったときの記憶は、今では、愛おしいほど温かく、そしてキラキラと輝いています。

 

 

 

 

現在、長女は思春期、反抗期まっただ中。

 

「で?なに?」 「ていうか、〜やしぃ」 私への返事は一人前。

「お母さ〜ん!まって〜!」と、片時離れず私を追いかけてきた我が子ではなく、自分の意見を持った小さな大人です。

 

また、新たな悩みの種の出現!?です。

 

 

 

今では、歩くのが遅かった次女は、かけっこしたら、私は負けそうだし、

 

寝てくれないと悩んだ長女は、毎朝「ほら!朝よ!学校よ!起きなさい!」と起こさないと起きないほど目覚めの悪い子です。

 

 

 

今しかない瞬間。

 

のときには、なかなか見えてこないのだけれど、よく目をこらして・・・。

 

っとキラキラ光る宝石です。

 

 

淡水幼稚園

園長 豊田彩子

このページのトップに戻る

赤ちゃんが生まれました!

大きなおなかで、7月いっぱい幼稚園で仕事をしてくれ、

8月から産休に入っていた、永友先生(松岡)から嬉しい電話がありました!

 

 

金曜日の夜に破水。

5時54分に、無事、2850グラムの元気な女の子を出産したそうです!

 

お名前は、結(ゆい)ちゃん。

いろんなところで、いろんな事が結ばれて、生まれてきた赤ちゃん。

これからも、たくさんの縁を結んで、いろんなパワーをもらって

元気に成長してくださいね!

 

 

おめでとう!

 

 

 

このページのトップに戻る

父の日によせて

今日は、園だよりはばたき6月号より、園長だよりをご紹介します

 

 

父の日によせて

 

子ども達にとって、お父さんってどんな存在なのでしょう?

いつも一緒に公園に行ってくれる。

お風呂に一緒に入ってくれる人。

多くは語らないけれど、温かく見守ってくれる存在。

 

6月17日は父の日。

父の日によせて、詩を紹介します。

 

父は山

大きく

どっしりと

いつもゆるがず

決してひるまず

ことば少ないけれど

子どもたちを

見つめるまなざしは

いつも

慈愛にみちて

 

『ただ無心』すずき出版より

 

淡水幼稚園

園長 豊田彩子

このページのトップに戻る

新学期スタート

今日は、園だよりはばたき4月号より、園長だよりをご紹介します

 

新学期スタート!

 

幼稚園へようこそ!

さあ、いよいよ新学期のスタート!

 

新しいお友達との出会い、担任の先生との出会いが待っています。  

4月から初めて我が子を幼稚園に通わせるというお父さんお母さん

 

今までは、やったことのない子育てに悪戦苦闘、本当に大変だったと思います。

でも、これからは、一人ではありません。それを支える人がいます。

 

それが幼稚園の先生です。ひとりで悩まなくって大丈夫なのです。

だって、私たち先生も、また、ひとり一人の子ども達を、どうやって成長させようか、真剣に悩む一人です。

 

我が子が1歳ならお母さんとしても1歳。我が子が3歳ならお母さんも3歳。

まだまだ、3歳のお母さんには、助けてくれる人が必要ですから。

だから、一人で悩まない。

 

私たち先生は、子ども達の成長の素晴らしさ、

そして、その何にも代えがたいやりがいと、達成感を知っています。

分からないこと、不安なこと、何でも私たちに聞いて下さい。

時には一緒に立ち止まって、私たちも悩むかもしれません。

でも、少なくとも子どもを成長させる喜びだけは、伝えられると思います!

幼稚園が皆さんにとってそんな存在になること・・・とても大切なことだと思っています。

 

そして、子ども達にとっても・・・

幼稚園は絶対に楽しいところです。

だって、大好きなお友達や先生と、思いっきり遊んで、楽しいことが待っていて、

毎日、行きたくて、行きたくて、仕方がなくなるところです。

そして、いろんな経験を通してたくさんの事が学べるところです。

 

さあ、新学期のスタート。

楽しい幼稚園生活が始まります。

 

淡水幼稚園 園長 豊田彩子

このページのトップに戻る

子育てがくれるもの

今日は、園だよりはばたき3月号より、園長だよりをご紹介します

 

 

子育てがくれるもの

 

主人と共にロンドンに渡り、ロンドン大学教育研究所で学んでいる時、

私は、第一子を妊娠しました。妊娠の喜びも束の間、すぐに、つわりが始まりました。

食べ物も思うように食べられず、起きられず、寝られず、

それまでの研究、論文の執筆を中断し、

自分のしたいことが何もできず家で寝て過ごす日々が続きました。

薬もなく、良くなる兆しもなく、ただ寝て過ごす日々に、気分も暗くなりました。

 

それまでの私は、自分の好きなことだけをして過ごし、

好きなものを飲んで食べて、好きな時間に読書をし、

自由に旅行し、自分のことだけを考え毎日を過ごしていました。

 

でも、妊娠した瞬間から、自分の思うとおりにはできなくなったのです。

 

 

 

 

それは、それから始まる子育ての序章でした。

 

私たち女性は、自分の中に新たな命が誕生したその瞬間から、

自分以外の事を第一に考える母になります。

それまで自由に過ごした日々は一転、全てが子ども優先の生活になり、

それと同時に自分の事は二の次です。

由に外出できなくなり、自由に時間を使うことができなくなります。

子どもが40度の熱で寝込むと心配で夜も眠れず、子どもが泣いていると、自分が悲しくなる。

感情でさえもコントロールすることが難しくなるのです。

 

 

けれど、子育ては、こんなことも私たちにもたらします。

生まれて初めて、立った、歩いた、お母さんって言った。

一つ一つの子どもの成長の瞬間に触れたとき、

私たちは、今までにない喜びの感情で満たされます。

 

子育ては、その一つ一つが、私たちに、これ以上ない喜びと、充実感、達成感を与えてくれるのです。

自分の全てを捧げたからこそ、得られる感情です。

自分の思い通りにならない生活の始まり”子育て”は、

私たちに人間の中に存在する一番美しいもの、”無償の愛情”を芽生えさせてくれるのです。

 

 

そしてそれは、消えることは決してなく、私たちの命がある限り、一生続いていくものとなるでしょう。

 

淡水幼稚園 園長 豊田彩子

このページのトップに戻る