パパになりました(平川先生)

去年・今年と結婚・出産ラッシュの淡水ファミリーですが・・・

 

我らが宇宙組担任の平川先生もその一人・・・

 

かわいい奥様と1月に入籍。4月に結婚式を挙げました。

 

そして、その後順調に奥様も妊娠。

 

先日16日の夕方。平川先生が夕方のバス乗車を終えた頃。

きました!

陣痛がきた〜!という連絡が・・・

 

そこから、平川先生は急いで病院へ。

 

17時45分 ちゃ〜んと立ち会って生まれました。

 

 

2660グラムの元気な男の子です。

 

お名前は瑛慈(えいじ)くんと名付けられたそうですよ!

 

 

元気にすくすく育ってくださいね!

 

 

 

このページのトップに戻る

男の子と女の子

今日は園だより「はばたき」より、園長ページを紹介します

 

 

我が家には3人子どもがいます。

上の子2人が女の子、3人目で男の子が生まれました。

 

 

一番下の男の子ときたら・・・。

 

とにかく落ち着きがない。

走る必要の無いところで走る。

やめなさいと言うのに、危ない事をわざわざする

汚れても平気。

上着やランドセルを地べたにおく。

靴の中はいつも砂だらけ。早

くしなさいといっても、なかなか着替えない。

何度言っても片付けない。

とにかく、同じ事でたくさん注意をする・・・

行動が全く理解不能。

男の子って本当に謎だらけ・・・

 

 

 

理論的には・・・

大昔から男性の役割は、外で狩りをし、家庭に持ち帰る獲物を捕ること。

狩りを成功させるには、一つのことに集中する能力が必要で、狩り場や新しい狩りの方法を求め、新しいことや危ないことにチャレンジする。

獲物を競い合うため競争心も必要・・・。

 

そんな性質を生まれ持つ男の子は、一つのことに集中する能力があります。

だから、好きなことやりたいことになったら、とんでもない集中力を発揮、それは専門的で、時にお宅的になるくらい・・・

電車となったら電車のこと。

恐竜と言ったら恐竜のこと。

今、興味があること以外は、お片付けもお着替えも、少々汚れようと、どうでもいいのです。

 

 

 

男の子は全く生態が違う生き物。

私たちお母さんにとってまったく理解のできない部分がたくさん。

 

“だから、仕方ないんだ!!“

まずは、そう思うだけで、ちょっと気が楽になるはずです。

(私もそうでした!)

男の子の思考回路は複雑ではありません。

だから、叱るときはくどくど叱らずに、短くダメと伝えることが大切。

ある一定時間を過ぎるとママの小言も右から左に耳を通り抜けます。

それは、大人になっても変わらないので、うちの主人も同じ!?です。

「ママとどっちが早くお片付けできる?」など、競争心をあおってみるのも効果的。

ゲーム感覚も大好きです。

 

 

 

一方、大昔から女性の役割は、家事や育児。

そのため、同時に複数の大量の作業を正確にこなすのに大変優れています。

また、家事や育児は家族やコミュニティでの共同作業となるため、コミュニケーション能力、人間観察能力、空気を読む力も非常に長けています。

あそびながらでも、お母さん達の話をちゃっかり聞いているのも女の子。

その分言葉も早く発達します。

相手の気持ちを察するのも、その場の空気感を読むのも早い。

だから、しかるときには、なぜダメだったのか、相手がどう感じるのかをきちんと説明してあげると良いようです。

 

ママにとっては異星人の男の子は、でもやっぱりママが大好きで甘えん坊。

癒やされる存在です。

女の子は、成長と共に大人のような口調で、反抗するときも一人前ですが、お母さんの良き理解者でよい話し相手となります。

 

 

 

男女差、個人差、年齢差、その日の気分や体調・・・

その場その場で変わっていく我が子との接し方。

おんなじ事をやってもうまくいったりうまくいかなかったり・・・

だって、人間ですから。

 

育児は人と人との濃くて密ななつきあい。

だから大変だし、面白い。

 

 

 

と、偉そうなことを書きましたが、私も、我が子の子育てには、手を焼きっぱなしです(^_^)

 

これからも、子どもたちの成長に一喜一憂しながら、子育てを楽しんでいこうと思います。

 

 

淡水幼稚園 園長 豊田彩子

このページのトップに戻る

淡水っこ大活躍!

今日ははばたき12月号から主任の安部先生の文章を紹介します!

 

 

『紹介します!』

 

突然ですが、先日の『キリンチャレンジカップ2018』をご覧になった方はいらっしゃいますか?

その試合に出場していた『冨安健洋』(とみやすたけひろ)選手。

188僂猟洪箸任△蠅覆ら、スピード、テクニック、インテリジェンスも兼ね備えた

“スケールの大きさ”を感じさせる選手。

・・・実は、淡水っ子(現在20歳)なのです。

 

 

ある本に載っていたお話を紹介します。

 

「デカくて速くてうまい」桁外れの逸材

未来の大型DFが福岡市で誕生。

“健康で、太平洋のように広い心を持った人間に育ってほしい”という願いが込められた名前。

姉2人がいる3番目ということで、両親はゆったりとした気持ちで息子に接したようだ。

「教育方針というのは特にありませんでしたが、基本的に自主性に任せて、善悪の判断だけは間違えないように見守ったつもりです」と母は語る。

 

健洋少年がサッカーと出会ったのは、淡水幼稚園年中の頃。

幼稚園のサッカー教室に入ることになったのだ。

体験に行って、そしたらボールを蹴るのが楽しくなって、本格的に始めることに・・・。

健洋少年の走力は頭抜けたものがあり、幼稚園のマラソン大会でも3年連続優勝というぶっちぎりの強さを誇った。

その後、三筑キッカーズに入り、中学生からアビスパ福岡でプレーし、今年初めにベルギーのシント=トロイデンWに移籍し、現在日本代表として活躍中。

「ジュニアサッカーを応援しよう! VOL.45」より一部抜粋。

 

 

 

 

幼稚園時代は・・・というと、

細身で背が高く、とにかくスポーツ万能。

口数が少ないシャイな男の子。

私たちは“たけちゃん”と呼んでいました。

まさか、あのおとなしかったたけちゃんが

こんなに偉大な人になるなんて!!

 

もしかしたら、今、毎日顔をあわせている子ども達の中から・・・。。。

なんて考えると、なんだか先生達の夢も膨らみます。

 

東京オリンピックでもきっと活躍してくれることを楽しみに、

皆さんも大きな淡水っ子にエールを送ってください!!

元気な淡水っ子に会いに、いつか幼稚園に来てね〜!

 

「がんばれ!たけちゃん!!」  「頑張れ!冨安選手!!」

このページのトップに戻る

久保先生おめでとう!

先週の金曜日。

空を見ると大きな満月が…

 

満月を見て真っ先に思い出したのは

久保先生の大きなおなか。

 

満月は、出産が多いので、もうそろそろかなぁと

期待していたら…

 

23時ちょっと前

「陣痛・破水来ました!

今から病院行ってきます!」

 

久保先生からラインが

 

 

「きた〜!!」

 

とドキドキしていると、明け方に

一報が!

 

病院に行ってから1時間半後の

0時24分に

元気な第2子、男の子が生まれたとのことでした!

 

予定日より10日ほど早いのですが、

なんと、3420グラムもあったそうです。

 

 

元気な男の子

 

お名前は今からゆっくり考えるそうです。

 

 

 

今年度、淡水幼稚園スタッフから3人の新しい命が誕生しました。

 

女性の、出産や育児って、本当に人生きってのイベント。

大切な人生の1ページです。

こうやって、ここで紹介できることも

本当に素敵なことだと思っています。

 

保護者の皆様も、温かく見守っていただいてありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップに戻る

年長キャンプ おまけ

キャンプのお迎えのとき、

たくさんの保護者の方から

私のブログの中の
夜須高原の
自然ショット

褒めていただきました


ありがとうございます!


ならば!


ということで…

秘蔵写真?
(協力、By安部先生)

もう少し

お見せしたいと思います






















秋の気持ち良い日の光に
照らされて
秋に色付いた山々の
彩が
本当に
清々しく感じました!


きっと、子どもたちの宝物カードからも
そんな美しい様子
感じていただけたのでは?


たくさんお話し
聞いてみてくださいね!
このページのトップに戻る